2020年08月31日

須藤元気は今も同じです


須藤元気

@genki_sudo

私、須藤元気はこの度、合流新党に参加せずに無所属として活動していくことにいたしました。ご存知の通り、7月の都知事選に際して山本太郎さんを応援したことを巡って党方針との齟齬があり、離党問題がございました。 (次に続く)






須藤元気

@genki_sudo

·

1時間


結局、離党届は受理して頂けなかったので都知事選後に再提出しようと思っていました。ところがそこに国民民主党との合流論議が始まってしまい、この流れに水を差すのも不本意ですので落ち着くまで待っていました。 (次に続く)







須藤元気

@genki_sudo

·

1時間


しかし、合流協議の結果として党自体が解党となりましたので自動的に私も無所属ということにあいなりました。

自分なりにいろいろと考えましたが、結論としては自分の生き方として新党には合流せず、無所属のまま日本の現在と未来のために働く事を決めました。まだまだ若輩者ですが全力で頑張ります



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



良かったですね


元々 消費税減税から違いがありましたし


離党届を提出しての都知事選山本太郎の応援演説


太郎さんが言ったように「しがらみのある中を…」


と思いきや受理されてなかった(枝野まだ使いみちあるか考えてたのか

国民民主との合流が結論出て再度「離党届」を提出

でも、解党したので;もう要らないって?さすが立憲じゃないですか


れいわに入って~という声が多いですが比例区で入った人は数年政党には入れない

でも解党したというならどうなのか…調べてませんが

本人は「暫く無所属でやっていきます」とハッキリ言ってるところをみるとやはりそういう事なのでしょう

残念だけれど意志が何より大事で 元気さんは最初から承知で立憲に離党届出してますから

そうなんです 無所属になってしまうことを覚悟して そこまでの意志があるんです

山本太郎を気に入ったから応援するとかそんな生半可な理由ではないです

当時は「支援者や関係者に筋を通さんかい」との声もありましたが

ここまでやるのにそんなドジはしてないと思います 礼儀正しい人なので

私自身はその時思ったのは (いいのか?こんな社会で支持者も関係者もこのままでいいはずない)と

それに今は誰かの後援会を発足すること自体大変なんじゃないかと思えますが

本当にバタバタと倒産したり、閉めてるんです 若い人が解雇になって外で寝てるんです

当然 在りし日の力添えを頂いた人達にはよく説明し頭を下げ

協力を二度としてもらえなくともお礼を言ってまた進んで下さいと言いたい(大人の方に余計なお世話ですが

それ以上の何かを求められても元気さんは消費税廃止や学生の無償支援を声を大にして進んでいってほしいと思ってます


posted by ciro nnop at 21:32| 国会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする